備忘録とか日常とか

機械学習を勉強中。ベース日々練習中。

【曲紹介とかしてみる】My funny valentine(Miles Davis)

バレンタインということで。
jazzスタンダード、バラードとして非常に有名な「My funny valentine」を改めて聴いてみる


Miles Davis - My Funny Valentine


歌ものとして有名な曲ですが、インストでもカバーされています。
演奏者はかの有名なMiles Davis(1926-1991)。ジャズを全く知らない人でも聴いたことがあるであろう、
あるいはジャズと聴いて真っ先に思い浮かべるであろうトランぺッターですね。
あえて多くは語りません(というかそんな詳しくありません)

ちなみにベーシストはPaul Chembers(1935-1969)です。
ジャズのベースを練習するならまず聴いておくべきベーシストの一人と言われております。
心地いい音色とベースラインが何度聞いても飽きませんねー。
特にこの曲のアレンジではソロ中にスイングに変わりますが
その時のベースラインが凄い好きです。うまく言えないけど。


歌ものとして有名なので、もちろん歌詞がついています

はじめてこの曲を聴いたときは
失恋の歌なんだろうなー、とか思ってたのですが(めっちゃ暗いし)
実は普通にラブソングらしいです。

調べてみました
以下歌詞の日本語訳を引用

私のおかしな恋人、ヴァレンタイン

すぐに私を笑わせてくれる、愛しいヴァレンタイン

あなたはどんな時も、心から笑顔にしてくれる


ハンサムというよりはファニーフェイスだし

とても写真向きとはいえない風貌だけど

私にとっては、あなたは

最高にお気に入りの芸術作品なのよ


そりゃあ、ギリシャ彫刻みたいな体つきじゃないし

話すときも、もうちょっとはっきりとしゃべればいいのに・・・

って思うこともあるわ

あなたもそう思うでしょう?


でもね、ヴァレンタイン

変えちゃダメよ、その髪型も・・・

本当に私のためを思ってくれているなら

愛してくれているのなら

あなたの何一つ変えちゃダメ!

ずっとそのままでいて、大好きなヴァレンタイン!

ずっとよ!!


だって・・・あなたさえいてくれれば、

私にとっては、毎日がヴァレンタイン・ディなんだから

いやー、ベタ惚れですねこれ。
確かにラブソングです、なんですけども


けなしすぎじゃね?
ファニーフェイスで悪かったな、ってならないんですかね。
いつも笑わせてくれる、てことはなんかこう
明るくて芸人さんみたいに賑やかなのかと思いきや
「話すときははっきりしゃべれ」とか言ってるし。


まあいい曲であることには変わりないですし
せっかくのバレンタインなので聴いてみてもいいかもです。